2006年07月28日

検索エンジンのロジックが死活問題?

今日の新聞に、検索エンジンの表示結果が1日にして大きく変化し、売り上げに大きく影響を与えるネットの実態が掲載されていましたね。

継続したアクセスを得るためにはSEOは非常に大事だと思いますが、明確な表示ロジックは明かされません。

サイトへのアクセスを検索エンジンに頼っていると、ヤフーやグーグルの気分(?)によって、天国から地獄に突き落とされるという訳です。


最適化なのか、スパムなのか。


明確な判断基準は・・・


ある日突然、その基準が変更されてしまう。


検索エンジンは人間の判断は介さないという。

しかし、ほんの少しのチューニングで簡単にロボットは違う判断をするのではないか。


結局、ネットで生きていくためには、ロボットの気分に振り回されていかざるを得ないのだろうか・・・




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ひろ   2006年07月30日 22:44
短期的に見るならば、そのロジックにふさわしい(と思われる)SEO対策を次々に追っていくしかないのかも知れませんね。。

人に見てもらうためには、まずロボットに認められなければならないとは。。

確かに・・・難しい問題です。
2. Posted by 豊葛   2006年07月31日 09:44
ひろさん、おはようございます。

いつも覗いて頂きありがとうございます!

結局、ロボットの判断に左右されるということは、タダで宣伝してもうことに対してのリスクなのでしょうね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
Recent Comments